4/4上場 ビープラッツ

継続課金のビリング(開示資料でサブスクリプションと言っている通り、狭義のビリングに限定されるものではありません)のプラットフォームを提供する会社。IoTを前面に出しているとはいえ、現在の事業規模とそのわりに今期予想の売上成長率が1桁台と低水準なことや、ファンド保有比率がそれなりに高いことを考えると、ここまで高い株価がつくのは異常でしょう。IoT市場への期待といっても、この会社が対象とするようなサービスビジネスがはたしてそんなに林立するものでしょうか?

■IPOリスト 2018 上場前
■IPOリスト 2018 上場後
■会社WEBサイト
■会社発表 直近決算情報等
■会社発表 成長可能性説明資料

弊社ホームページ上に掲載されております情報は、一般に入手可能な情報に基づいておりますが、人為的なミスなどで誤りがある可能性があり、情報の正確性を保証するものではありません。また、弊社ホームページ上の情報は、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資に関する最終的な決定は、ご自身の判断と責任においてなさるようにお願いいたします。