4/10上場 ウェーブロックホールディングス

かつて二部上場していて、二部に再上場した「各種プラスチックと繊維、紙等を原材料とした複合素材の製造および販売を主たる業務」とする会社。Ⅰの部によると、上場廃止に至った経緯は、原料コストの高騰とリーマンショックのようですが、外部環境の悪化は当時この会社に限った話ではなかったはずで、もう一つ挙げられている「大株主から株式売却の意向があることが判明」したことで、敵対的な買収のリスクが高まったことが最大の理由なのでしょう。上場廃止は良しとして、再上場までに何が変わったかというと、様々な事業再編を行ったようではありますが、最終利益は確保していたようであり、上場を維持しながらやれなかったとは思われませんので、やはり買収危機に晒されないために市場から一定期間身を隠していたというのが実情と言わざるをえないでしょう。
ファンドEXITのご多分に漏れず、初値は公開価格を割り込みました。公募はありません。

■IPOリスト 2017 上場前
■IPOリスト 2017 上場後
■会社WEBサイト
■会社発表 直近決算情報等
■会社発表 成長可能性説明資料 ※非開示

弊社ホームページ上に掲載されております情報は、一般に入手可能な情報に基づいておりますが、人為的なミスなどで誤りがある可能性があり、情報の正確性を保証するものではありません。また、弊社ホームページ上の情報は、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資に関する最終的な決定は、ご自身の判断と責任においてなさるようにお願いいたします。