3/16上場 うるる

クラウドソーシングの会社、と言えばそうなんですが、セグメント情報を見ると、直近四半期の売上も利益も、クラウドワーカーに自ら発注して運営している入札情報速報サービス「NJSS」を主とするCGS(Crowd Generated Service)事業が大きなウエイトを占めていて、クラウドソーシング自体は小規模且つ赤字です。クラウドソーシング事業自体は既に上場しているクラウドワークスもまだ赤字ですから仕方ないでしょう。最近の一連の騒動で、クラウドワーカーへの記事作成の発注も減っているでしょうし。
株価は驚くほど高値がつきました。規模が小さいので当面の収益成長率は高いかもしれませんが、持続できるかどうかは、成長可能性説明資料で示している通り、新たなCGS事業の創出次第ということになるでしょう。

■IPOリスト 2017 上場前
■IPOリスト 2017 上場後
■会社WEBサイト
■会社発表 直近決算情報等
■会社発表 成長可能性説明資料

弊社ホームページ上に掲載されております情報は、一般に入手可能な情報に基づいておりますが、人為的なミスなどで誤りがある可能性があり、情報の正確性を保証するものではありません。また、弊社ホームページ上の情報は、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資に関する最終的な決定は、ご自身の判断と責任においてなさるようにお願いいたします。