3/15上場 ファイズ

3PL(3rd Party Logistics)の会社。主たる取引先はAmazon。
高い株価がついていますが、3PLはEBITDAマージンの低いBPOビジネスです。Amazon他のEC事業者が市場を引き続き拡大することで売上は増えると思いますが、利益率は大きく改善しません。3PLができるコスト改善余地は限られていますし、Amazonにしても取引額がさらに大きくなってくれば委託費低減の交渉をしてくるでしょう。実際ここ数年は、燃料コストや人件費の上昇で、コスト改善効果はかなり相殺されていたはずです。今期の増収増益率は大したものですが、物流トータルコストは倉庫立地に大きく依存するので、今期並みの増収を持続できるとは考えにくいでしょう。
3PLではかつてワールド・ロジという会社が2004年にヘラクレスに上場しましたが、2012年に債務超過に陥り、2013年に倒産しました。真の理由は知る由もありませんが、上場したことによる増収増益プレッシャーで無理な事業拡大をしたことが主要因の一つと考えられます。株価に合わせて無理な背伸びをしないことが肝要と思われます。

■IPOリスト 2017 上場前
■IPOリスト 2017 上場後
■会社WEBサイト
■会社発表 直近決算情報等
■会社発表 成長可能性説明資料

弊社ホームページ上に掲載されております情報は、一般に入手可能な情報に基づいておりますが、人為的なミスなどで誤りがある可能性があり、情報の正確性を保証するものではありません。また、弊社ホームページ上の情報は、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資に関する最終的な決定は、ご自身の判断と責任においてなさるようにお願いいたします。