7/12上場 ソウルドアウト

オプトホールディングの子会社上場。常勤役員は全てオプト出身者。SMBのWebマーケティング・HR・IT化支援を事業領域としていますが、運用型広告を中心としたレップ業務やLP制作等のWebマーケティング支援による売上が全売上高の9割以上を占めるとのことであり、対象顧客に違いはあれど、現時点では親会社の事業内容と大きく相違するところはなさそうです。
子会社上場に関する東証の考え方を改めて確認したいと思いググったところ、3年前の東証資料がありました。これによると、親子上場は海外でもやっているので一概に排除するものではなく、中核的子会社の上場の場合に限って厳格に審査するということのようです。本件の場合は中核的子会社に該当しないということでしょう。
とはいえ親会社からの独立性をどう考えているのかⅠの部を確認したところ、あくまで連結子会社としての位置づけを保ったままでの上場で、スピンアウトとは見受けられないことから、一般的な子会社としての意思決定が行われているだけとの印象を受けました。株価が下がったら100%子会社化して上場廃止なんてことにならないことを望みます。

■IPOリスト 2017 上場前
■IPOリスト 2017 上場後
■会社WEBサイト
■会社発表 直近決算情報等
■会社発表 成長可能性説明資料

弊社ホームページ上に掲載されております情報は、一般に入手可能な情報に基づいておりますが、人為的なミスなどで誤りがある可能性があり、情報の正確性を保証するものではありません。また、弊社ホームページ上の情報は、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資に関する最終的な決定は、ご自身の判断と責任においてなさるようにお願いいたします。