3/30上場 スシローグローバルホールディングス

回転寿司業界トップ企業のスシローの再上場ですが、ファンドEXITなので、初値は公開価格を割り込みました。公募なしというのも、IPOとしてはネガティブ要因になるでしょう。
MBOに至った経緯や、その後のファンドtoファンドのEXITについては、Business Journalの記事に詳しく書かれています。ファンドに対して否定的なトーンですが、ユニゾンはこの案件では付加価値をつけたと言えるので、破格な報酬を得る正当性はあるように思います。リスクとリターンは応分であるべきですので。一方で、現ファンドのペルミラが相応の付加価値をつけられるのかどうか、再生より成長の持続の方が難しい、という指摘はその通りだと思います。
外資ファンドだからというわけでもないでしょうが、IRページを用意していないのは個人投資家を軽視していると言わざるをえません。外食産業なので個人投資家のファン作りというのも株価形成にとって意味があると思うのですが、ファンドから見ればそんなもの大勢に影響を及ぼさないという割り切りなんでしょう。
業界トップで成長を続けているとはいえ、外食産業ですから、株価はこんなものかもしれません。

■IPOリスト 2017 上場前
■IPOリスト 2017 上場後
■会社WEBサイト
■会社発表 直近決算情報等 ※HPでの開示なし
■会社発表 成長可能性説明資料 ※非開示

弊社ホームページ上に掲載されております情報は、一般に入手可能な情報に基づいておりますが、人為的なミスなどで誤りがある可能性があり、情報の正確性を保証するものではありません。また、弊社ホームページ上の情報は、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資に関する最終的な決定は、ご自身の判断と責任においてなさるようにお願いいたします。